Kapustin Toccatina

Kapustinさん、まだご存命なんですね。wikiをみてびっくり。このかた作曲の「Toccatina」がラン中に頭から離れなくってしょうがない。

wikiによると、

ホルリフカの出身。7歳でピアノを始め、14歳の時にモスクワに移り住む。モスクワ音楽院でアレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルにピアノを師事する。在学中にジャズに興味を持ち始め、独自のアイディアに基づいて作曲を試みるようになる。
1961年モスクワ音楽院卒業後、1972年までの11年間にわたって、ソビエト中をジャズ・オーケストラとして旅行。1980年、チャイコフスキー大ホールで自作のピアノ協奏曲第2番を演奏したのを最後に、自作のレコーディングを除いて作曲活動に専念。多数の作品を生み出し続けている。2009年現在、作品番号は140を数える。作曲家としては長らく無名の時代が続いたが、ニコライ・ペトロフ、マルカンドレ・アムラン、スティーヴン・オズボーンなどの巨匠ピアニストらがカプースチンの作品を取り上げるようになり、その名が次第に知られるようになった。日本国内で販売されている自作自演のCDも大変好評なもので、特に8つの演奏会用練習曲の人気が高い。楽譜も多数出版されている。
なお、自作のレコーディングについては2004年に一度引退を表明したが、2008年に再びCDをリリースして復帰した。

1937年生まれで、今年74歳になられるそう。youtubeではこの「toccatina」の映像が結構あるのですが、その中でも素早さ・正確さで心踊らされるのがこれ↓

早すぎてどこ弾いているのかまったくわかんない!

Kapustin Toccatina はコメントを受け付けていません。

ipadを買いたくなるなる「djay」

もともとMacでは登場していた「djay」がipadのappに出てきました。これ見てるとipadを購入したくなる。iphoneは小さいから出ないか?

もう、ほぼ直観で動かせる画面に、鍛えられた機能たち。ちょっとデモの映像を見ているだけで背中の中央あたりからうずうずとしてきます。ipadでもprecueingができるから、cueの場所も細かく指定できるし、なによりもipad1台で完結するのもいいですね。


ipadを買いたくなるなる「djay」 はコメントを受け付けていません。

韓国公演の逸品

先日、パブリックビューイングした坂本龍一韓国公演がitunesでの配信が始まった。いつもながらにこのスピーディな仕事ぶりに感心。4時公演と8時公演の2種類あり、曲数が異なり、8時公演のほうが多い。だが、自分が参加した4時公演をここは買ったほうが思い出にはなるでしょう。まずはプレビューで聴いてみましょう。

いま、itunes storeでは1位2位をこれら2枚のアルバムが寡占。なんだかうれしい。

韓国公演の逸品 はコメントを受け付けていません。