スペースシャトル・エンデバー号が街中を行く

いい映像だったので備忘録的に。

スペースシャトル・エンデバー号が街中を行く はコメントを受け付けていません。

世界最小の水槽

ちっちゃ!

世界最小の水槽 はコメントを受け付けていません。

アップデイトすべきか悩む

ロゼッタストーンのバージョン4が出た。

アメリカで先に発売されていたので、日本版が出るのか出ないのか、待っていたらいつの間にか発売されていて驚く。いま持っているのがバージョン3。15か月使うためには、14,800円をアップデイトフィーとして支払う必要がある。
なぜ使用期間が区切られるのかといえば、オンラインコミュニティが付いてくるので、無尽蔵にユーザーを滞在させる負荷をお金で分散しているのです。最高15か月間、最低1か月。1か月間の場合は2,300円の支払い。のんびり英語を習得したいから、選ぶならば15か月間、かな。

そして、なによりも欲しかったのがiphoneのアプリ。これが使えるようになる。長い通勤時間で、PCでやっていることと同じ(くらいの)ことができるのはうれしい。

15か月間やるならば、ひと月1,000円か。
悩む。

■ロゼッタストーン
http://www.rosettastone.co.jp/

アップデイトすべきか悩む はコメントを受け付けていません。

他と未接触の民族

未だにこういう民族が存在することに驚く。
アマゾン流域に住む、他の民族とまったく関わりを持たずに生活をする民族。なにもかもが珍しい。向こうからしたら珍しそう。

■First ever aerial footage of uncontacted Amazon tribe released
http://www.uncontactedtribes.org/brazilfootage

他と未接触の民族 はコメントを受け付けていません。

ソーシャルネットワーク

「観た」というtweetがこの週末多く流れていた。いろんなひとたちがいろんな感想で、この映画の観方を語ってくれているけど、この映画のコアな部分が不可解なので、どうも観ずにいる。が、そんなことをtweetしたら背中を押してくれたので、観に行こうと計画を立てる。今のトレンドが落ち着く2月中旬に、ゆっくりと。

trailer、よくできてますね。
予告編作る仕事したくなる。

ソーシャルネットワーク はコメントを受け付けていません。

天才たちがいるところ

銀座のアップルストアにひさびさ来店。同僚のiphoneが壊れて通話の最終手段が失われたため、案内がてらきてみたわけです。genius barは4階に移動したんですね。前は2階にあって、窓が無い空間だったから、やや息苦しかった記憶が。しかしこれで待ち時間にも外を見ながらじっくりできます。無線LANが無料で繋がるし、ここでシゴトしてもいいかなあ。

天才たちがいるところ はコメントを受け付けていません。

男ですいません。

きょうから始まったジョージアのCMは、ターゲットのつかみ具合がいつもよりよいように思う。
センターに文字を配置して、詳細はバックの映像で。文字からいろんなパターンが想定できるように、バックの映像もいろんなタイプを展開している。数打ちゃ、どれかターゲットにフィットするだろうけど、これほど当たりやすいのはなかなか無い。ネタのセレクションがシャープ。「男ですいません。」ということは、ジョージアを飲ませたい男性をメインに、しかし地球の約半分にいる女性にも配慮した、うまいネイムだと思います。

■ジョージア「宣言」篇
http://www.georgia.jp/cm/brand_02.html

男ですいません。 はコメントを受け付けていません。

第2次世界大戦前の国産アニメ

第2次世界大戦前のアニメがこのたび発見された、というような記事がありました。これ、本当?

Pre-WWII Japanese Animation (with subtitles) from Josh Wagner on Vimeo.

ストーリー的には昔話のような感じもして、目新しさは現代から考えると無いんだけれど、それでも、第2次世界大戦より前の時代に、日本人がこうしてアニメを作っていたというのは不思議。音は無く、無声映画のようにキャプションが出ます。このアニメは、軽井沢に滞在していたアメリカ人が所有していたそう。戦争が始まる前にアメリカにもどり、その孫が発見をしたそうです。ニュースのソースが外国人向けなので、英語がかぶさっているのが残念。

via Pre-WWII Japanese Animation

第2次世界大戦前の国産アニメ はコメントを受け付けていません。

全国テレビ局の旅

弊社CMを全国のテレビ局で放映するタイミングを決めるシゴトがあり、全国のテレビ局を紙面上でめぐっては「この枠いいねえ」やら「これはない」の連続。結局は昨年同様、無難なセンに落ちそうな気もしますが、本日はひとまず第一選考で、局によっては再度提案もらうことに。一局一枚ずつ、じっくりと確認したあと、この束をみると充実感。この状態まで2時間。なんか今夜は気持ちいいぞ。

全国テレビ局の旅 はコメントを受け付けていません。

全国テレビ局の旅

全国テレビ局の旅 はコメントを受け付けていません。