アメリカにはスタバアプリがあるっぽい


iphoneアプリをリリース順に見ていたら発見。スタバのアプリがあって、なにやらバーコードでスタバカードになるし、クレジットやpaypalで支払えるし、好みのオーダーをアプリで事前に設定しておいて、店頭では見せればよい、そんな便利そうなアプリっぽい。ダウンロードしようとしたけど、ストアがアメリカに限定されてて、日本ユーザーの自分はダウンロードできず。
日本にも導入を。なにかデメリットはあるだろうか(いや、無い)。

アメリカにはスタバアプリがあるっぽい はコメントを受け付けていません。

本まぐろ焼

築地の昼飯を食べ終わり、満腹とは言えず、お腹いっぱい食べたく、本まぐろ焼を購入。本まぐろとは形だけで、鯛がまぐろになったのです。しかも本まぐろ。
中落ちバージョンは30円プラス。どうやら中に杏が加わっているらしいです。
こっちもおいしかった。またまた幸せ。

本まぐろ焼 はコメントを受け付けていません。

築地の昼飯

新橋で調査。終日だから昼飯も新橋で、っていう話になるけどどうもこのあたりを抜けて、ぱーっと食べたい気分に。ぱーっと食べたいので向かった先は築地。場外を通り抜けて場内へ。
本日の昼飯は3500円。ぱーっとたべた。ウニが特においしかった。結論として、築地でよかった。おいしく食べられればそれは幸せ。

築地の昼飯 はコメントを受け付けていません。

スタバ新サイズは1リットル弱


(c)fashionsnap.com

アメリカナイズがどの程度日本に普及するのか。スタバはアメリカの一部の州で「トレンタ」と呼ぶ31オンス(約916ミリリットル)のカップサイズで発売されるとのこと。気になる日本での発売は未発表。アメリカ全土ですら今年5月まで順次展開だし、1つ下の「ヴェンティ」を注文する比率も低いことから、需要があるのか、疑問。長時間保存する容器ならいいな。そして、長時間味が変化しない、添加物にムリをしていないコーヒーが、いいな。

via fashionsnap.com

スタバ新サイズは1リットル弱 はコメントを受け付けていません。

福投げから餅つき

代田橋の神社で福投げがあるというので向かう。午前11時に始まり、「まくぞうまくぞう」言われながら、小銭やらお餅やらがまかれると想像していたので、家にあった70リットル級の半透明ごみ袋を用意したのだけれど、一向にその気配が無い。神社に来たので、ひとまずは手を清めてお参りをして、境内で取り行われている神事を見守る。祝詞やらお祓いやら、40分くらいやっただろうか。そのうちにひとも集まってきて、がやがやし始めると、青白幕も外されて、杵と臼登場。おじちゃんたちがせいやせいやと餅をつき始める。
ついた餅は、すぐさま餡子とともに田舎汁粉に早変わり。見物客がよってたかり、あっという間に長蛇の列で汁粉を待つようになった。
福投げで一攫千金をたくらんでいたけど、こうした日本の年中行事に触れられて、日本ていいなと思いましたね。なんか、ほっとする。

福投げから餅つき はコメントを受け付けていません。

Big America2が来る

やったー
1月7日(金)からBig America2が始まります。最初はテキサス2バーガー。「2」の位置、ここでいいの?これでいいの?

アイダホバーガーが適当なドレスな気がしないでもないですが、アイダホのメジャーイメージをくみ取られてい過ぎています。
大学のときにマックでバイトしていて、旬なバーガーの90%くらいは既存のリソースを使って調理し、大概はソースを変えてバリエーションを出したのですが、このシリーズはリソース再活用率90%から70%くらいになってそう。マックの新しい味に出合える可能性がそれだけ広がったわけですね。

Big America2が来る はコメントを受け付けていません。