googleの広告って個性が強すぎて敬遠しがちだったけど、今回のは見ていて気持ちがいい。
そして、メディアを持ってるって強いなあ。

断食最終日

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝6時過ぎに起床。6:30から「サイレントウオーク」。断食で感度が鋭くなっているので、緑の中を黙って歩いて聞こえてくる音を楽しみましょう、というプログラム。参加者は半分強ぐらい。で、道場からくねくねと大室山のほうへ登っていく。ひたすら登るけど、昨晩の7分粥が効いているのか、疲れはなくって、からだが暖かくなってきた。途中でパーカーを脱いでTシャツになる。到着地点からは伊豆高原を見降ろし、遠くの島々まで見える絶景ポイント。しかも朝もやもあって神秘的な風景が見れて、登ってきた甲斐がありました。大島はもちろん、利島や新島もみれた。
道場に戻り、仕事をして、8:15過ぎから退所面談。その結果、
■体重:64キロ(-3キロ)
■体脂肪:15.0%(-1.1ポイント)
■体年齢:25歳(-4歳)
という値をたたき出すことに成功。ここまで減るとは思っておらず、かなり驚く。ぼくの場合は痩せることが目標ではないので、このあとの日常生活でどれだけ生活習慣を改善できるか、意識のターニングポイントになれば成功です。先生からは「菓子パンを食事とするのはやめましょう」と言われて納得。肉は食べてもいい体質だそうなので我慢せずに食べていいそうだ。ただし、周期的にバランスを保つこと。甘いものはまるごと食べられるもので、バナナやリンゴなどに変えるべし、とのこと。
そして10時からいよいよ普通食。出てきた瞬間にみんなの顔が昨日以上に笑顔になります。20090914-1.jpg玄米がほっ・・・んとに香ばしい。噛むごとにじゅわーっとした、今まで感じ得なかった味がわかる。20090914-2.jpg
10:40に伊豆高原駅までの送迎バスが出るそうで、車の自分らは道場のスタッフとともに見送る。なんか居残りのような変な気分。みんなが帰ったあと、すかさずスタッフのかたがたと写真を撮り、車を出すと、スタッフのみなさんがずっと手を振って送ってくれた。
2日目に気になっていたサンドイッチ屋さんに寄ったものの、思いのほか風情がなくてしょんぼりしつつハムサンドを買ってしまう。
伊豆高原駅に行き、サンドイッチが食べたくなって2人で食べてしまう。リバウンドの危機かと思ったが、お腹はちゃんと警報を出してくれたのでよかった。旅の駅でお土産を購入。帰路へ。
しかし伊豆まで来て、魚を食べないのはナンセンスなので、途中、熱海で寿司を食べる。1つの寿司を除き、初めて醤油をつけずに食べました。すると酢飯とネタのうまみをダイレクトに感じます。マグロは脂と赤味を舌全体で味わえる。だからゆっくりと食べたくなる。だからがつがつ食べずに太らなくていい! 20090914-3.jpg
さすがにお腹がパンパンになって、本当に帰路へ。

今回の断食で気付いたこと
■今までの味付けは食べ物の味を殺している(調味料を食べているようなもの)
■今まで食べていた量は自分に多すぎ(必要な量だけでいい)
■考えすぎるな(頭の中をまわりのペースに合わせる必要なし)

断食中は本当に「もう絶対やるか!」と思ったけど、4日間過ごして、「またやりたい」とまで思うようになりました。マラソンみたいだね。
半年くらいして、体や味覚があやうくなったらまた行きたいと思います。

今朝は外で健康体操。昨日同様、中国語でのアナウンス入り。なに言ってるかわからん。終わるとすぐに施術。お腹に生姜の湿布を貼ってあたため、次に全身マッサージ。そして再び吸い玉。吸い玉は前回より赤くないらしく、悪い血液が少なくなったそう。20090913-1.jpg
終わって9時から岩盤浴。汗をかいたから露天風呂へ。この黄金コースは素晴らしい。10時から朝食。きょうから回復食が出るのでみんな笑顔。回復食は3分粥。かなりゆるいお粥で、胡麻もふりかけつつ頂く。お粥の甘さを深く感じられる味覚も鋭さにびっくり。味噌汁もほんとに美味しい。梅干しは酸味をよく感じられる。食べ物って結構多角的な味を持ってます。
食べ終わったら大室山へ。20090913-2.jpg昨日登れなかったリベンジ。リフトで頂上へ。写真は見晴らしが一番いいところから。伊東の町から遠くの初島、大島、富士山も見える。一度道場に戻ってバスで伊豆高原駅へ。城が崎海岸まで歩き、散策道へ。20090913-3.jpg断崖絶壁の城が崎なので、この散策道も足を一歩外したら奈落のそこへ。アップダウン激しく1キロほどで駅へ戻る。駅では1時間に1本のバスに乗り損ね、水を飲み、いよいよ徒歩で道場へ帰ることにする。距離もあるがずっと坂なので体力が心配だったがなんとかたどり着く。
17時からデトックスヨガ。汗がやや出る。18時からお待ちかねの夕食。7分粥。朝食よりもご飯の粒が多くて噛み応えあり、さらにはおかずの冷奴とデザートの人参シャーベットつき!やったー!20090913-4.jpg冷奴は、豆腐の甘さがモロにわかる。噛んで噛んで何回も噛んで、豆腐とはこんなに甘いのかと驚く。ちなみに醤油は1滴ほどしかかかってない。シャーベットは繊維がそのまま残ってて、ひんやり美味しい。近くのテーブルのかたがたとしゃべって、19時から楽健法。ふたり一組で足を使ってマッサージし合う。終わったらサプライズというべきか、フルーツティーパーティ。断食がんばったごほうびだそう。ポットいっぱいのフルーツが紅茶に浸されて、一杯めはほのかに、二杯めはじっとりと、フルーツの甘さを味わう。20090913-5.jpgパーティーなので参加者どうしで紅茶片手にいろんな話へ。驚いたのが、自分より若いと思ってたひとたちが40代だったこと。デトックスに関心あるひとって若いのか。毒は抜き出して、そして作らないのが一番だな。みんなデトックスすりゃあいいのになあ。

みなさん、コメントやらメールではげましありがとうござあます
中には食べ物の写真を送ってきてくださるかたもいて、伊豆高原で枕を涙で濡らしてます。

くそー、
なにがビーフシチューだっ
なにがホットケーキだっ
コロッケなんか食べたくないぞ!
20090912-1.jpg
きょうは朝から健康体操。やっぱり頭に血が回らないのか、体を動かしててふらっときて手足が痺れる。立ち眩みに似た感じ。その後朝食の野菜ジュース。りんごも入っててほのかに甘い。たぶん断食してなかったら感じにくい甘味なんだろな。昼前に施術をしてもらい、電気マッサージとお腹にひまし油湿布、そして手でのマッサージをしてもらう。昼飯は出ないからその後近辺を空腹のまま散歩。20090912-2.jpg
無添加の干物屋さんに行き、あれこれ買ってしまう。さんまやさばがとても美味しそう。帰宅日に配達してもらうから家でがっつり食べてやる!
そして大室山麓の雑貨屋さんへ。20090912-3.jpgここのかたは、ぼくが以前フィジーに留学したとき、サイクロンに遭い、ホテルに缶詰めになったときに出逢ったかたの店。念願かない、1年半ぶりの再会。ほんとに人間性豊かで明るくて、話しているだけでデトックスになるんじゃないだろかというほどのすばらしいかた。今回も店内で話し込んでしまい、マサラのお茶飲みつつ思い出話やら近況を。すごい幸せになった。途中坂道があったりでくじけそうになったけど、行ってよかった。最後に家族のかたとも一緒に写真を撮る。振り返ると手をずっと振って見送ってくれて、ぐっとあたたかき気持ちになる。将来の理想像だ。
道場に戻り、ヨガ教室。辛い動きはなく、固まった部分を伸ばす。そして夕飯。野菜スープです。20090912-4.jpg20090912-5.jpgじゃがいもや人参、玉ねぎがすりおろして入っていて、久しぶりの塩味。舌が敏感になっているのがわかる。野菜の甘さを感じ、体はぽかぽかに。主宰のかたの生活改善講座を聞き、和食ってすばらしいと感じ、食事・運動・睡眠・ストレスのバランスが大切だと習う。
今から岩盤浴、そして温泉へ。したらきょうのデトックスはおしまい!
がんばってるぞ!オレ!

きょうから伊豆高原にある断食道場「やすらぎの里 高原館」に来ました。15時前に入所してすぐにいまの状況や病歴を書いて面接。面接では手首や足首に微弱電流(まったく感じない)を流して抵抗をみていったり体脂肪や体年齢を測定。その後施術。吸い玉という、プラスチックのコップのようなものを背中に付けて、コップの中の空気を抜くと、背中はところどころがうっ血して見事な赤丸に。悪い血液を皮下まで出すんだそうだが、出したあとはどうするんだろう。。。
伊豆に来るまでに、うなぎ屋さんやそば屋さん、魚料理屋さんなどが目に入るたびによだれが。吸い玉の施術中もカツ丼やら茄子田楽やらが頭に浮かび、またもやよだれが。
今晩は梅の酵素ジュースが夕飯です。大変なことに、ちょっと車で行けば24時間営業のマックがあることが判明。誘惑に負けるなオレ。
岩盤浴と露天風呂があり、22時まで入れるのでまずは岩盤浴にチャレンジしてみたけど、不思議にまったく汗をかかない。頭の中は食べ物のことばかり浮かんできてしまっていて、仰向けになったりうつぶせになったりしたけど、どうも集中できずに終了。露天風呂はこじんまりしているけど、1人で湯船を独占できるのでとても気持ちいい。
20090911.jpg
「やすらぎの里」は伊豆高原に2つあって、本館は海の近くにあるみたい。でもこちら高原館は大室山のふもとにあって、まわりは別荘地。緑が豊富にあるので散歩に最適。朝のすがすがしい空気は格別でした。わかりづらいところにあるので迷子になったけど、電話をしたらスタッフのかたが迎えに来てくれた。とてもやさしい。

アイテム

  • address.gif
  • 20090914-3.jpg
  • 20090914-2.jpg
  • 20090914-1.jpg
  • 20090913-5.jpg
  • 20090913-4.jpg
  • 20090913-3.jpg
  • 20090913-2.jpg
  • 20090913-1.jpg
  • 20090912-5.jpg

アーカイブ