隣に座ったおじさんが驚き飛び越えるほど異次元の臭さなので隣の車両に移動。