パブリックビューイング

投稿日:

世田谷ものづくり学校へ行く。坂本龍一のソウル公演がUSTREAMで流され、そのパブリックビューイング。正直、USTREAMが見れれば、どこでも、それこそiphoneあれば見れるんだけれど、興味本位で参加。この学校の中も見れて、よかった、という結論。

パブリックビューイング自体は、屋内の部屋で集まったひとたちでいっしょに見る、ということだけで、特に目新しいことは無いい。でも、一曲終わるごとに、拍手が起こる。相手は画面の奥にいるので、到底届かないんだけど、一人が拍手すると、次の曲は倍、その次の曲が終わるとさらに倍、と人数が増える。まわりの反応を感じながら見るというのもおもしろい。

参加した4時公演には無かったが、8時公演の映像を帰りの電車でiphoneから聴いていたら、4時公演には無い曲があった。特にラストの「aqua」はやさしい曲で、夜に歩きながら聴くと、心が落ち着く。帰りの電車は、おそらくいつも通りだったはずなのに、この曲を聴きながら乗ると、どこか幸せな場所に向かう送迎電車のよう。